スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ジャパサ参戦記
2005 / 06 / 25 ( Sat )
JAPAN CIRCUIT vol.25
~ROCK IN JAPAN FES 2005 前夜祭~
IN SHIBUYA-AX


20050625-01.jpg


お久しぶりのジャパサ参戦。

このライブ(イベント)はm-on!で生中継されたので
見た方も多いと思うので、レポは超私的感想で書きます。
(そうじゃない時があるのか!)


★フジファブリック

 初見でした。結構しっとりめな感じなのかなーと思っていたらそうでもなく。
 激しい曲は激しく、しっとりはしっとりと聞かせるバンドでした。
 キーボードのピコピコ音が新鮮。
 音は全体的には和的なんだけど、どこかひねくれてる感がとても良かった。
 志村君のとぼけたMCも良かったし。
 とりあえず、アルバム聴いてみようと思います。



★つばき

 私の中では肺気胸になった一色君とドラムが女の人、という印象しか
 ありませんでした。
 うーん、音的にはどっかで聴いたことあるなー、と。
 こういうバンド今多いですよね。
 うん、そんな感じ。要するにイマイ…(略
 でもドラムの人すっげー細かった。
 そして一色君の顔は私の好みだった。(コラコラw



★THE BACK HORN

 いきなり「運命~」で始まってびっくり。
 これは初めてバクホン見る人はドン引きしてんじゃねーか、とか思ってたら
 途中で「未来」やりましたね。
 きっとコレは初めての客の心をつかもうと一番有名な曲をやろう、という
 企みがあったのではないか、と勝手に妄想。
 全体的に山田が絶好調で。
 特に踊りが。栄純がかすんで見えました。
 光舟もノリノリwだったなー。
 松のタンクトップは新鮮。ちょっとおっさんくさいと思った事は秘密w
 栄純のMCは笑かしてもらいました。
 あのメロディーは「無限~」のAメロだったのね。後で気づきました。
 つーか、栄純なんか小汚くなってるよっ。
 そこがいいんだけど。



★ストレイテナー

 もうかっけぇ。音がすげぇかっけぇ。
 ひなっちが素敵。(え!
 テナーも知ってる曲と知らない曲が半々くらいだったけど、すごい楽しめました。
 うん、やっぱりトリをつとめるバンドは違うなーと実感。
 てか、ヤバイ。テナーのワンマン行きたくなってしまいました。
 そんくらい格好良かったのよ。
 早速持ってない音源チェックせねば!
 最後に、堀江さんボーダーのTシャツ似合ってませんでした。囚人みたいw




物販は限定Tシャツはもちろん買わず。
普通の「ROCK AND ROLL」Tシャツを買いました。

20050625-02.jpg ←袋から出せ!


フェスに着ていこうと思います。
なんでお見かけしたら、一声かけてみたら如何でしょう。


では、御機嫌よう~(どんな締め方だ!
スポンサーサイト
23 : 43 : 26 | ライブレポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
産声チェインソー ファイナル
2005 / 06 / 04 ( Sat )
THE BACK HORN 「ヘッドフォンチルドレンツアー」
~産声チェインソー~
IN 名古屋DIAMOND HALL


ticket03.jpg


ついにツアーファイナルでした。
名古屋へ1泊2日の遠征旅行。

セットリスト

01.扉
02.運命複雑骨折
03.墓石フィーバー
04.コバルトブルー
05.幸福な亡骸
06.雨
07.夢の花
08.無限の荒野
09.上海狂騒曲
10.ヘッドフォンチルドレン
11.泣いている人
12.涙がこぼれたら
13.サニー
14.光の結晶
15.キズナソング
en.奇跡



今回は一般でチケ取ったんで、番号悪かったんですよ。
なのに結構前行けました。
徐々にモッシュの波に乗っていき、最終的には前から3~4列目へ。
もちろん光舟側キープ。(あはは~


セットリストはZeppとほとんど変わらず。

でもねー、やっぱりツアーファイナルだからっていうのが
大きかったかもしれないけど盛り上がりが違った。
私も今回のツアーの何処よりもテンション上げてったし。
もう、ぶわぁーってなったもん。


んで、やっぱり「泣いている人」はすごい良くて。

その前の栄純の言葉もすごい良くて。

上を向いて歩くには太陽がまぶしすぎて
 下を向いて歩いてみると人生はなかなか良いもんで。
 窓を開ければ寒すぎて、毛布を被れば暑すぎて。
 俺ら、今よりもほんのちょっと幸せになりたいだけなのに
 いつもうまく行かなくて。
 でも今日のこの日が、そうしたちょっとした幸せの隙間を
 埋めてくれるものになるようにいいライブにして行こう



人生の隙間どころじゃないよ!
私の人生のほぼ全部占めちゃったよ。今日のライブが。


山田の声もZeppほどではないにしろ、出てたし。
ベースもトラブルなく、光舟はんも動き回ってたし。
栄純の笑顔はやっぱりキラキラで。
(松はよく見えんかった・・・ゴメンw)


なんだかんだ言って全員喋ったかな?
以下覚えてるだけのMC抜粋。

最初のMCの松
「(前回もラストが名古屋だったことに対し)たまたまですけどね。
その後の山田さん
最初名古屋でやった時は(客が)300・・・いや150人くらいだったかな?
 イヤ、そんなバンドの裏事情話してもっつーカンジだなw

無限前の栄純先生
無限地帯・・・無限・・・地帯・・・」 (意味不w


アンコール時にスタッフ紹介の時のまっさん
「(マネージャー紹介時に)マネージャーの本多さん」 (えっ?メンバから「本多さんじゃなくて細名さんだろ」と突っ込まれ
え!?俺(本多さんなんて)言ってねーよ?
更に客席からも「言ったー!」と突っ込まれ
すいません、言いましたぁー」 (ちょっと逆切れ風w
そして山田さんのフォロー
ま、”ほ”が一緒だしな・・・」 (何だソレw
更にまっさん
えー、今回車で移動、ということで僕らやスタッフや機材を乗せて
 運転してくれた 運転手がいるんですけど、
 昨日高速でタイヤがパンクして危機一髪ってトコで
 キキィーってハンドル切ってくれて
 (もうココら辺身振り手ぶりつきで)
 どうにか助かったんですけど、
 そんな名ドライバーの宮下君! 彼はドライバーなのに、よく袖で・・・

そしたらいきなり光舟はん話に入ってきまして
そう彼は運転手なのに、よく袖で見てて、カンタロウさんに
 『こらぁ!宮下ー!』 とか怒られてるww

って何故か楽しそうに喋っておられました。
そして彼が今日喋ったのはコレだけ。
アンタそんなに宮下君の話がしたかったんかい!w


もうあとは
「ありがとう」を何度も何度も。
山田の
もう、ホントありがとう、しかねぇよ


・・・それはコッチの台詞だよ!!


アンコール終わってもまだみんな帰らなくて、コールしてて
でも客電は点いちゃってたからダブルアンコールはないんだろうなと
思ってたらなんと、メンバ全員出てきてくれました!

曲はやらなかったけど、前の方にいた人達とハイタッチしてました。
私、ちょっと何列か後ろに下がっちゃってたんですよね。
だからハイタッチはしてもらえなかったのですが。クスン。

でもありったけの気持ちを込めて叫びましたよ。
「ありがとう」って。
素敵な唄を、演奏を、素晴らしい空間を、忘れられない時間をありがとうって。

メンバーには届かなかったとしても、
それでも

伝えたかったんだ。たった一言だけど。
その時の私の気持ちを
どうしても。


ほんとに素晴らしいライブでした。
みんなお疲れ!


でも3週間後には、JAPAN CIRCUITに行く私。
まだまだバクホン漬けな日々は終わりそうにもありません(笑

23 : 18 : 28 | ライブレポ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。