スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
春の雨の匂い 銃声
2006 / 02 / 12 ( Sun )
世の中オリンピックだ何だと盛り上がってますけど、
まったく興味のない私はとりあえず「キャシャーン」を観ておりました。
でもこの映画まったくもって意味不明。
てか理解できん。
途中で寝ちゃったしね。おかげでレクイエムも聴き逃したし。
でも全然悔しくねーや。


という事で「アカイヤミ」の感想を。
まぁ私的にこのPVを一言で表すと
「滑稽の中に見え隠れする狂気」だと思います。
まずマネキンをメンバに見立てているけど全く見えない。
でもそこに徐々にメンバを重ねていくことで一見マネキンが
動き出すような気がしてくるような。
しかし、そのマネキンを爆破。
しまいにはメンバ全員でマネキンを金属バットやら何やらで破壊。

こう書くと何が何やら、というカンジですが
曲の雰囲気となかなか合ってるんですよね。
ペイントされてるマネキンと、途中の山田のニヤァッていう笑い顔と
おきまりのズン痙攣。
もうこれはバクホンでしかできない。

初めてバクホンを聴いた時の「えっ何この人達?大丈夫?」
という衝撃再び!です。

「エモーションピクチャーVol.1」に収録されている他のPVは
CSで録画したりなんだりで持っているので、この「アカイヤミ」のためだけに
買ったようなもんですが、このPV観るために3000円払って損はなかった!

さすがヤツラは期待を裏切らないなー。

あとおまけのメイキングも見所満載ですわよ。
ズンのヘルメット姿とか心電図とり姿とか山田の黙々作業振りとか
ほとんど画面に映ってないお舟さんとか・・・(えー!そして松は?


まだ買ってないそこの貴方、THE BACK HORNのPVはどれもいろんな意味で
おもしろいので(!)是非どうぞ。


「戦争を知らない僕達は毎晩 暴力に口付ける流れ出る赤い血が
 優しくて許されぬ流れ出る赤い闇が」

アカイヤミ/THE BACK HORN
スポンサーサイト
23 : 49 : 21 | バクホン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<君のいない風景は | ホーム | 手にする尊さ 出来ぬ尊さ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sringo.blog44.fc2.com/tb.php/60-22ddef18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。